ハロプロとポケモンファンの水野

タイトル通りの男。ハロプロやポケモンはもちろん、日常で感じたことまでも気まぐれに書き記していきます。※無断転載はご遠慮くださいませ。

水野のライブ参戦記「Buono! Festa 2016」感想

【スポンサーリンク】


まず始めに、夏焼雅さんの誕生日!おめでとうございます!

はい、嬉しいことに当日券が出たので、「Buono! Festa 2016」に行ってきました!

初めて見るBuono!のライブ。しかも武道館!Buono!の初武道館!暑い、厚い、熱いライブでした!

せっかくなので感想をまとめていきます!


・後ろから見るライブ!

今回、私はステージの斜め後方の座席でした。

顔が見えねぇ!!!

たまに振り返る時はありましたが、やはりというか、顔はほとんど見えなかったです。
しかし、ステージからの距離はかなり近いし、演者を後ろから見るというのも珍しい機会。

見切れ席ということで不安もありましたが、座席自体への満足度は高かったです!

・ゲストも素晴らしかった

新曲「ロックの聖地」から始まった「Buono! Festa 2016」。

夏焼雅新グループのオーディション映像を挟み、ゲストコーナーへ。

1番手は夏焼雅新グループ。グループ名は

「PINK CRES.(ピンククレス)」

ピンク色と、音楽用語のクレッシェンドが名前の由来だそう。

肝心のパフォーマンスはお洒落で、まさに「夏焼雅」のグループといった感じ。
初パフォーマンスにも関わらずカラーがはっきりしているこのグループ。

これから大きくなることでしょう!

2番手はカントリーガールズ。

新曲「どーだっていいの」はロカビリー調で、かつ激しい曲。

自分がロカビリー調の楽曲が好きであることに気付かされました。
船木さんの激しいパフォーマンスが特に印象的。

3番手は℃-ute。

「Danceでバコーン!」など、ライブの定番曲を中心に披露。

9月5日の武道館が楽しみ!

最後に、鈴木愛理と嗣永桃子以外の℃-uteとカントリーガールズによる、Buono!の「ホントのじぶん」カバー。

ここまででも、十分な程の満足度!

・Buono!最高!

ゲストコーナーが終わり、Buono!の再登場!

序盤で披露された「雑草のうた」は私事ながら、歌詞が突き刺さってくる!とりあえず今の地獄のような環境から抜け出さねば!

話は戻り、新曲の「ソラシド~ねえねえ~」は爽やかで夏っぽい曲。ラストの鈴木愛理の歌唱力には痺れます!

「Kiss!Kiss!Kiss!」では歌ってる最中にステージ上に持ち込まれるベッド。「昼まで寝てればいい」の歌詞に従い、寝てしまう3人。まさかの演出、楽しかったです!

その後はバンドメンバー紹介を挟み、アコースティックコーナーへ。

これまでは目と耳で楽しんでいましたが、ここは耳だけで楽しむといった感じ。

3人とも歌が上手すぎ!バイオリンの音色が本当にきれい!

しっとりとした空間に癒されました。

その後はあっという間にラストスパート!

「泣き虫少年」や「初恋サイダー」など、人気曲も披露。やっぱり良い曲!好きだ!

アンコール明けは「ロックの神様」。歌詞の通りに、武道館でのライブという熱い展開。今さらだけど武道館公演、おめでとうございます!

最後は「タビダチの歌」。聴きながら、昨年の「Berryz工房祭り」を思い出す。今日のライブの良さも相まって、感動!

本当に、素晴らしい空間でした。


普段とはうってかわり、かっこよさ全開の嗣永桃子。
ブランクを感じさせないパフォーマンス、変わらない存在感を放つ夏焼雅。
圧倒的な歌唱力の高さを1万人に響かせた鈴木愛理。

そして忘れてはならない、バンドの方々!それぞれの楽器の音色が聴こえてきて、曲の輪郭がよりはっきりとするような感覚。生バンドでしか味わえない良さですね!

ただただ、皆さんに感謝です!


今回のライブ見に行けたことが宝物と言うべきか、それほどまでに素晴らしいライブでした!素晴らしい以外の表現が思いつかない!言葉を勉強しようっと!

終わったばかりですが、すでに次が楽しみ!今回は4年ぶりということで、次はいつになるのか分かりませんけどね!

まだまだ書きたいことはありますが、うまくまとまらない!埒があかないので締めます。

Buono!最高!

【スポンサーリンク】