ハロプロとポケモンファンの水野

タイトル通りの男。ハロプロやポケモンはもちろん、日常で感じたことまでも気まぐれに書き記していきます。※無断転載はご遠慮くださいませ。

ポケモンのアニメが20周年を迎えていた件

【スポンサーリンク】


2017年4月1日で、ポケモンのアニメは20周年を迎えました!おめでとう!



たしかに、かなり昔から放送されていましたが、まさか20年だったなんて…!

「ポケモン」というコンテンツにおいて、このアニメによる影響は凄く大きいですよね。


アニポケの功績

ポケモン人気の根底にあるリアルさというか、「本当に生きていそうな感じ」はまさしく、アニメがもたらした感覚。

ポケモンはどんなものを食べるのか、野生の個体がどのように暮らしているかなど、全てアニメ発のイメージですからね。

さらに、「ピカチュウ」の知名度を押し上げ、アイドル的立ち位置となったのもアニメの影響でしょう。
可愛い見た目に惹かれてポケモンを好きになった人もいるだろうし、そうでなくとも、ポケモンはよく知らないけどピカチュウは知っている、という人もいるはず。

ピカチュウのようなアイドルがいなければ、ひいてはアニポケが無ければ、ポケモンの世間への浸透率は今より低かったのではないか、世界規模での人気は無かったのではないか、と思います。


アニポケの思い出

…なんて小難しい話は置いといて単純に20周年って凄いですよね!
長寿アニメってやつですよ!

個人的に印象に残っているエピソードは、リザードンの谷の話ですね。「弱いリザードンなんていらない」と突き放すサトシにジーンときた思い出があります。別れることへの寂しさ、リザードンへの応援の気持ち、凄く詰まっていますよね…。
その後、劇場版の『結晶搭の帝王』で助けに来る場面なんか胸熱というやつです。

他は、ピンク色のニドランやらが出てくる所もありましたね。オレンジ諸島でしたっけ…?
珍しい生き物を見られたような感覚でした。

後は最近の「XY」シリーズも好きですね。セレナ、シトロン、ユリーカのキャラクターや関係性も良かったし、何よりもサトシとゲッコウガがかっこ良かった!…あと、セレナが本当に可愛かった!

しかし、よく話題に昇るポケモンショックとDPでのシンジ戦を断片的にしか覚えていないのが悔しいです。
直後の伝説厨ならよく覚えているんですが。

BD化を希望しますね。絶対に買います。


主題歌のお話

アニメのエピソードの他に、欠かせないのはアニメの主題歌。
20年の間に色々な曲がありました。

中でも『タイプ:ワイルド』、『Ready Go!』、『ひとりぼっちじゃない』なんかを聴いてると泣けてきます。昔のことを思い出したり、加えて曲自体の良さもあり、心がフワッとなるというか…。

ロケット団が歌う曲も良いですよね。『前向きロケット団』が一番のお気に入りです。曲中の反省会のくだりがポイントですね。

後は『めざせ!ポケモンマスター』、『バトルフロンティア』、『XY&Z』なんかの熱い曲も好きです。

本当に名曲揃いですよ!…CD買おうかな。


おわりに

こうしてずっと楽しんできたアニポケですが、2017年4月現在放送されている最新シリーズの『サンムーン』。
正直、ビジュアルを最初に見た時は不安だらけでしたね。「かっこ良かったサトシがアホっぽくなってる!」という感じで。

でも、蓋を開けてみると不安はどこへやら、凄く面白い。

たしかに雰囲気は一新され、これまでのように冒険ではなく日常を描いたようなテイストですが、作中で出てくるギャグも面白いし、登場人物もみんな良い味を出しています。

今はギャグメインですが、これからの展開がどうなるか気になる所ですね。
原作のストーリーを踏まえると、シリアス展開が来るのか?…あまり想像ができないんですけど。


後は2017年の映画はサトシとピカチュウの出会いの話ということで、本当に楽しみです。懐かしさに包まれそう。


「おわりに」とか言いながらだらだらと書いてしまいましたが、現在進行形でアニポケが大好き!という話ですよ!

いつかはサトシがチャンピオンになる姿も見たいものですね。

【スポンサーリンク】