ハロプロとポケモンファンの水野

タイトル通りの男。ハロプロやポケモンはもちろん、日常で感じたことまでも気まぐれに書き記していきます。※無断転載はご遠慮くださいませ。

水野のゲーム日記「ファイアーエムブレム覚醒」ルナティック編まとめ

【スポンサーリンク】


先日、無事にクリアした覚醒のルナティックモード。
今回は公約通り、まとめとしてこれまでのプレイを振り返っていきます。


感想

去年の8月にこのブログを開設し、「せっかくだから何かやってみよう!」ということで同年、9月にスタートした今回のプレイ日記。途中で他のゲームにハマることも多く、半年もかけてのクリアと、かなり時間がかかってしまいました。

FEは『封印の剣』から始めたものの、作品中の最高難易度に手を出すことは無かったので不安もあったのが本音です。でもこうして、無事にクリアできたので一安心。



話は本題に移り、今回プレイした『覚醒』のルナティックモードですが、とにかく難しかった!
基本的に敵の方が数段強く、エース格以外はまともに勝負できないのが辛かったですね。

特に難しかったのは第16章と第19章でしょうか。前者に至っては、思わず稼ぎ行為に走ってしまったほど。(その稼ぎも、全くの無意味でしたが…)

でもどちらにおいても戦法を変えるだけでクリアできたので、その辺りは上手くできているのかな?と思いましたね。


後は、主人公であるクロムが非常に強かったです。
能力の伸びが優秀というのもあるのですが、やっぱり天空ですね。これを覚えてからは敵陣に適当に放り込むと、体力が満タンのまま敵を全滅させていることもしばしばで、間違いなく最強でした。

もう一人の主人公であるマイユニは、途中で蛮族を経由したおかげで七色の叫びの修得ができず終いで、活躍の場は少なかったかな?と思います。代わりに、娘のマークがよく叫んでいました。それでも、戦闘面ではルナティックの敵と互角以上に戦えるくらいには強かったですけどね。


その他、気になった点としては、敵のスキル所持がランダムなところ。例えばジェネラルの大盾とか、ウォーリアのカウンターとかは、その有無によって強さが全く変わってくるんですよね。
攻撃の成否や必殺のようなランダム要素ならまだしも、そういったスキルの有無の関係で、敵の強さまでもがランダムになるのはちょっとどうなの?と思っていました。


でもまあ、そういった点をひっくるめても、『覚醒』自体面白い作品だし、ルナティックモードも難しいけど、工夫次第でどうにかなるような、ちょうど良い難易度だったので、今回挑戦してみて良かったです!

そしてそして、4月20日に新作『ファイアーエムブレム echoes』も発売されます!外伝のリメイク!
凄く楽しみですね。今度もプレイ日記を書くので、お楽しみに!


それでは、長々と書いてきましたが、この辺で終わりです。
読んでくれた皆さん、ありがとうございました!

またお会いしましょう!

【スポンサーリンク】