読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロプロとポケモンファンの水野

タイトル通りの男。ハロプロやポケモンはもちろん、日常で感じたことまでも気まぐれに書き記していきます。※無断転載はご遠慮くださいませ。

『ファイアーエムブレム Echoes』ハードモード攻略日記⑥

【スポンサーリンク】


※前回はこちら




・ハードモード、クラシック
・全員生存
・DLCは制限なし
・稼ぎは程々に




3章 解放戦争 アルム編②

ソフィアの森 2

マップの左右に騎兵がずらり。難しそう。実際に悩みました。

まず左側はクレーべ(+革の盾)、マチルダ(+ナイトキラー)、シルクで対処。最初にマチルダに反撃で敵の数を減らしてもらい、次にマチルダを下げてクレーべを森に置くと楽でした。
残りは右側の本隊を迎撃。雑魚の方を下がりながら反撃で削り、敵将が近付いてきたら一気に叩くのが安定ですかね。
それにしても王家の剣持ちのアルムが強すぎました。

森の祠

ダンジョン。敵はスケルトンとガーゴイルだけ。スケルトンはなかなか強くて硬いので魔法系を多く連れていくと楽ですね。

ミラ神像の前にいる女の子と会話した後に、森の村の民家2にいるおじさんと会話すると聖なる槍を入手。先にくれよ!

また、ダンジョン内の宝箱からは覇者の金貨を入手。宝箱を開けるとガーゴイルの群れに襲われますが、そこまで強くなかったです。ビビりましたけど。
他には魔防、HP、経験の泉があり。

森の北

弓兵系と魔女2人の構成。スナイパーやボウナイトがとんでもない射程範囲です。

近くのアーチャーと魔女は適当に誘き寄せつつ倒すとして、問題は本隊。橋を塞ぐのが定石ですが、壁役が一斉攻撃を受けると不安な所。
なのでアルムをワープで飛ばして橋を抑えると同時に、近くの森にアルムよりDEFが低いユニットを置くと狙いが分散されてやりやすかったです。

後はアルムで敵の数を減らしていき、もう1人の魔女も処理した辺りで他のユニットをワープで飛ばして残りを片付けるだけ。

魔女が誰を狙うか次第ではリセットも普通にあり得るので、地味に難しいステージですね。

水門

ここは敵将のタタラに操られているデューテの対応が肝心ですね。
まずは下側の妖術士を片付けながらデューテがワープしてくるまで待つことに。ワープしてきたらHPをギリギリまで削り、近くの回復ポイントもクレアで塞いで無力化することにしました。マップの下側ならタタラのリザーブも届かないですしね。
後は敵将ですが、こいつも固くて強い上に回復もされるので厄介。私はやっつけ負けの心配がない、魔道士のクリフとリュートで削っていきました。

水門内部

玄関→マナの草
水門の操作部→パン、飲み水

先のステージでデューテが生存していればここで加入。幼い魔道士は強くなるイメージですね。

デューテが加入したら操作部のおじさんと会話して3章のアルム編は終了!と思いきや、「先にミラの水門が~」云々。どうやらセリカ編を進める必要があるようです。


感想

ということで、3章のアルム編は終了しました!一応!
デューテが加入した直後のアルムとクレーべの会話ですが、ここにきて本当の意味でアルムを認めたと同時にクレーべの成長も見られて、なんというかグッと来ますね…。ほぼマチルダの劣化だとか思っていてごめんね、という感じです。

そんな3章は、クリアできないことはないけど頭を捻らせられる場面も多く、楽しさと達成感のバランスがちょうど良かったですね。
妖術士や魔女が増えたおかげで冒頭からいるルカの影が薄くなっているのは悲しいですけど!


次回
『ファイアーエムブレムEchoes』ハードモード攻略日記⑦

【スポンサーリンク】