ハロプロとポケモンファンの水野

タイトル通りの男。ハロプロやポケモンはもちろん、日常で感じたことまでも気まぐれに書き記していきます。※無断転載はご遠慮くださいませ。

ライブレポ、感想「Buono!ライブ2017 〜Pienezza!〜」@5/22横浜アリーナ

【スポンサーリンク】


5月22日に横浜アリーナで行われたBuono!のラストライブに行ってきました!

まず…「Buono!最高!」

はい、まさにそんなライブでした。もはや伝説ですよ…!


横浜アリーナについて

まず最初に、今回の会場であった横浜アリーナに触れさせてください。


マジで広すぎ!

横浜アリーナは初めて行ったんですけど、本当に広い。マジで。
さゆの卒コンやら℃-uteの単独やらの映像は見たことがありますけど、やっぱり映像と生とでは大違いですね。

そして今回はセンターステージでした。『バキ』の地下闘技場みたいなイメージ。
これも個人的には初めて見るもので新鮮さもあり、特別感もあり…。

入場しただけで、早くも感動していました(笑)


セットリスト

肝心のセットリストはこちら。Twitterに出回っているものを元に作成しました。


1.恋愛♥ライダー
2.Bravo☆Bravo
3.じゃなきゃもったいない!
VTR「まかない争奪 Buono!全曲早唄い対決!!」
4.fun fun fun/PINK CRES.
MC(PINK CRES.)
5.キレイ・カワイ・ミライ/PINK CRES.
6.ピーナッツバタージェリーラブ/カントリーガールズ
MC(カントリーガールズ)
7.リズムが呼んでいるぞ!/カントリーガールズ
8.The Curtain Rises/℃-ute
MC(℃-ute)
9.Kiss me 愛してる/℃-ute
VTR「懐かしの動画」
-ピザーラCM
-『Kiss!Kiss!Kiss!』居眠りダイジェスト
-Rock'n Buono!『泣き虫少年』メンバー生演奏
10.泣き虫少年(イントロのみメンバー生演奏)
11.JUICY HE@RT
12.ロッタラ ロッタラ
MC
13.メドレー
Cafe Buono!
Early Bird
こころのたまご
みんなだいすき
We are Buono!~Buono!のテーマ~
14.ロックの神様
MC(Dolceメンバー紹介)
15.夏ダカラ!
16.うらはら
17.Blue-Sky-Blue
VTR「Dolce ejiさんからの手紙」
18.消失点-Vanishing Point-
19.OVER THE RAINBOW
20.I NEED YOU
(18~20はアコースティックVer.)
MC
21.Ice Mermaid
22.初恋サイダー
23.ワープ!
MC
24.Independent Girl~独立女子であるために
25.カタオモイ。
26.DEEP MIND
27.My Boy
28.ゴール
アンコール
E1.Last Forever
MC
E2.Kiss!Kiss!Kiss!
MC
E3.ホントのじぶん


この文章を書いているのはライブから数日後なのですが、何だかいまだにふわふわしていて正直言葉が出てこないですね。ただ一つ言えることは、ただただ素晴らしかった。


『泣き虫少年』をメンバーが演奏してる映像が流れてからの、楽器を持ったメンバーの登場なんかはめちゃくちゃテンションが上がりましたし、それに楽器を持っているメンバーが新鮮でした。

途中に組み込まれたバラード曲はアコースティックVer.だったんですけど一層、曲に浸れるというか…。こういう場面での雅ちゃんの艶っぽい歌声は最高だと思います。

終盤にきた『初恋サイダー』は「待ってました!」という感じで。大舞台でも変わらず、愛理のアカペラは素晴らしかった!流石の一言です。

続いて、『My Boy』などのロックな曲に移った辺りだったと思うんですけど、曲中のももちの表情がやたらとクールだったのも印象的。自分の知ってるももちではなかったです(笑)

そしてアンコール後、愛理が泣いていたのに対し、ももちと雅ちゃんが堂々と構えていて、Berryz工房としてのラストを経験していたことの大きさも伺い知れましたね。
ちなみに私は「もうすぐ終わりか…本当に…?う、うわー」なんて考えて、泣いてしまいそうになっていたり。この辺りでの満足感と寂しさが入り交じった感覚は何とも形容しがたいですね。


あとはまぁ、生バンドとなるとやっぱり音の迫力が全然違いますよね。いつにも増して体が動いてしまいます。
そんなバックバンドを務めていたDolce(ドルチェ)も、素直にかっこよかったですね。少しだけ話は脱線し、自分がギターをやってることもありギターを中心に見ていたんですけど、まあかっこいい。憧れます。自分もあんなに弾けるようになりたいものです。


さて話は戻り、全体的にかっこいいという印象が強かった!…ように思います。アバウトな言い方なのは先にも書いたように、気持ちがふわふわしているからです。これこそ、夢のような時間とでも言うんでしょうかね。


ゲストコーナーの℃-ute 岡井が凄かった件

Buono!のパフォーマンスは本当に素晴らしかったんですけど、ゲストの3組も負けず劣らず、でしたね。

特に度肝を抜かれたのが、℃-uteの『The Curtain Rises』での岡井ちゃんの歌唱。なんだあれは。
気迫に溢れていたというか、岡井ちゃんといえば力強い歌声が特徴ですけど、いつにも増してそれが際立っていました。

聴いてて気持ちよかったですね。


おわりに

遂に、遂にラストを迎えてしまいました…!

私がBuono!を知ったのは約5年前なんですよね。ちょうど放置されてた時期?
その頃にハロプロを知り、「℃-uteの鈴木愛理って子が可愛い!歌も上手い!」と思ったことをきっかけにBuono!を知って、『初恋サイダー』を聴いて一気に好きになったんですよね。この時、YouTubeで動画を漁りまくっていたのを覚えています。

それから「またライブをやればいいのに」と思っていた所に飛び込んできた、去年の武道館ライブの開催。ガッツポーズですよ。

でもその矢先に℃-uteの解散、ももちの引退が発表されての今回のラスト。寂しさもありますけど、それ以上に楽しかったです!
私はライブを見る時はいわゆる"地蔵"というやつなんですけど、無意識の内に体や口が動いていたほどに。こんなのは初めてのことですよ!
とりあえずBlu-rayを早く発売してください。

そして最後になりますけど、Buono!が結成してからここまで10年間。お疲れ様!そしてありがとう!

【スポンサーリンク】